リサーチ

中途半端な商品は危険!

投稿日:2013年3月27日 更新日:

無題8

TAROです。


今日はバイトを早く上がってしまいました。


最近本当に耐えられなくなってきました(笑)


なので今はバイト先の近くにあるマックでブログを書いています。


昨日までの作業で少し気づいたのですが

「中途半端な売れ行きの商品を仕入れるのは危険」ということです。


理由は感覚的になってしまうのですが

今までの自分の経験上こういう結果になりました。


簡単に言うと初心者には売るのが難しいのでしょうね。


自分のような初心者で人から教わったりもしていない人は難しいと思います。


でも今までの自分はオークファンであまりにも売れている商品は

自分が仕入れて販売する時には価格が下がってしまうんでは?

と思ったりして避けがちでした。


そこで自分がインターネットで商品を買うときの事を思い浮かべてみました。


自分の場合は「ほしい商品は多少高くてもすぐに買いたい」

「オークションでしか販売されていなかったら結構高値を付けるでしょう」


・・・?


これって。


オークファンでバンバン売れているデータのまさにそれですよね?


要は自分みたいに「欲しい!!」って強く思っている人が多い商品とかは数が多く出品されていても価格は落ちにくいかなと思います。


この現象に当てはまる商品を連想すると

「限定品」「希少品」「国内未発売」「芸能人の口コミ」など。


なんというか個性というか突出した商品が多いですね。


限定品だと例えば「HOTTOYS]というフィギュアブランドがありますが、

このショップの日本限定販売の商品などはヤフオク上で高値になっていたりします。


これはわざわざ海外から偽物の心配をしながら仕入れる必要もありません。


なんで国内の商品が高値になるの?と考えてみますと

「限定販売」という個性がある商品だからと理解できます。


HOTTOYSは大好きだけどインターネットはほとんど繋がないとう方は

限定販売の情報すら気づかずにいるでしょう。


HOTTOYSに関しては予約販売があって間違いなく予約の時点で完売します。


なので予約しようとしてもできなかった方なんかは高値でも買いたい!

と思うのでしょうね。


そんな感じで昨日から商品の個性とか意味を考えています。


世に出回る情報商材は「ノウハウ」ばっかりで

商品という輸入ビジネス者にとっての最大の武器となるものを掘り下げていませんね。


今、たくさんの方が教材を見て同じリサーチの仕方で

同じ商品を仕入れるのなら自分には少しでも違ったことが出来ないかな?

と考えるのも大事なことだと思いました。


えぇ、タイトルと結果全然違った内容の記事になりましたがご了承くださいませ!


今日もまだまだ頑張りましょう!!


ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リサーチ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.