ヤフオク

参考にするライバルは?

投稿日:2013年3月14日 更新日:

無題1

TAROです。


今日は自分の失敗から見えた一つの結論を書いておきます。


自分は輸入ビジネスを始めてもうすぐ半年位だと思います。


自分のペースでやっているので結果は中々出ません。


最近になってようやく真剣になって来ましたね。


同時に楽しくもなって来ています。


今の自分は例えばヤフオクの出品者のランクで言えば初心者です。


仕入先もebayかタオバオかAMAZON位です。


単純にリサーチしまくって誰でも探しだせるような商品を

海外のサイトで探して仕入れているだけですね。


ですが自分的にはまだまだ、この手法でいけるとも思っています。


今の主流は「セラーと直取引」といいますが自分は金持ちになるつもりは無いので。


生きていける金額=自分の場合30万円程度でしょうか。


いろいろ調べると30万円程度は集中して取り組めば誰でもいけるレベルと聞きます。


まぁ成功者の意見ですがね。


で本題なんですが。。。


ヤフオクでライバルの出品者の出品物を見て価格差がある商品を

リサーチするという方法があると思うのですが、

この手法を使うときの経験からでた判断は。


「ストアは真似しない」です。


当たり前だ!と言われそうですが自分は全く意識せずに仕入れ対象にしていました。


例えばセイコーの海外モデルのカテゴリーを例にすると

オークファンで落札相場を出したときにそれぞれの出品者の落札相場の価格が

10000円位違っていたら疑うべきです。


これはストア出品の場合「仕入れ値8000円ー落札価格20000円」なのですが

個人の場合「仕入れ値8000円ー落札価格7000円」みたいな感じですね。


この場合は仕入れないと判断した方がいいと思います。


ストアは時計しか出品していないのが多いので信頼度が違いますし

何といっても取引回数が3000とかありますからね。


自分たちからしたら同じ商品売ってるんだよー!って感じですが

入札者はまだまだ神経質ですね。


だからリサーチしていて価格差がある!と思っても

「別タブにオークファンを開き商品名で再検索して相場チェック」してみましょう。

 

ここで個人の出品者とストア出品での価格差が大きい商品は仕入れないようにしましょう。


自分の経験では時計カテゴリーでは多く見られる現象ですね。


あと自分のような初心者は資金も少ないので複数仕入と言っても

最大でも10個くらいですからストアを参考にしてもまず利益が出せません!


これは1つのカテゴリーに特化したストアによくあることです。


自分たちと変らないくらいの様々なジャンルの商品を出品しているストアはリサーチしていいと思います。


おそらく、そのストアは個人の出品者だからです。


本格的にストアでやってる人は個人だとしても

特化する為にアカウントをカテゴリーごとに分けています。


なのでストアは参考にするな!というよりは

「自分に近い人・自分が出品している商品がかぶっている出品者をリサーチする」感じですね。


まぁ「そんなの常識だよバカ」といわれてもおかしく無いのですが

自分は今一人で考えて実践しているので進化が遅いのです!


むしろ、このブログを見ながら実践していれば無理なく輸入ビジネスに取り組めるのでは?

と思うくらいです(笑)


まぁ絶対に成功しますけどね!!


さぁ今夜もガンバルンバ!!!


ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ヤフオク

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.