戦略 米国仕入れ

トライ&エラー

投稿日:2013年2月22日 更新日:

無題8

TAROです。


今日は最近の自分を振り返ってみて検証すべき点を上げてみたいと思います。


振り返ってみて最大の欠点と思ったのが「単品でしか仕入れていない」というところでした。


これは輸入ビジネス初心者や資金が無い方は必然的になることだと思いますが

自分はそこから抜けられずにいました。


家賃の支払いやクレジットの返済などで少し増えた資金も吹っ飛びます。


これにはもう1つ理由があって「1円出品で7日以内に確実に売れる商品以外も仕入れてしまっている」ところ。


これは資金を回して回して増やしていく段階では必ず守らなければいけないことだと思います。


だから様々な輸入ビジネス成功者が同じ意見を言っています。


即決でしか売れない商品はお金をいつ回収できるか分からないです。


自分は意外とそこに関して無視して出品していたので

「商品は売れていくが7日以内で無いために資金が増えない」のですね。


なので改善としては

・1円出品で利益が出せそうな商品を複数個仕入れて一回の仕入でバッと販売


1円出品できる商品なら必ず7日以内に売れるでしょうから

最長でも出品して12日以内くらいで代金を回収できますね。


そして

・戻った資金を仕入に全額使って同じ商品か新たな商品を仕入れる


これの繰り返しで資金は増えるはずですね。


この考え方は様々な輸入ビジネス成功者が言っている事でしたが

自分には理解できていませんでした。

 

まぁ1円出品できる商品は必ず利益が出る訳ではありません。


たまたまライバルが多かったとか相場がガクッと下がったとか

様々な理由で赤字になるリスクは存在します。


ここでポイントなのが複数の商品を複数個まとめて仕入れることだと思います。


全ての商品が同じ日に届くわけではありませんが大体一緒に出来ます。


1つの出品商品だけに焦点を当てたら赤字の商品も中には出るでしょう。


ですが1回の仕入で使った総額よりも商品が全て売れた時に残った金額が高くなっていればいいのです。


これは例えば転送会社などで同梱して転送してもらったり

ebayのセラーに複数買うので割引してくれなど交渉すれば

単品購入よりは必ずコスト削減できるはずです。


全体的に見て利益が出るかどうかです。


だからこそ1つ1つの商品に力が無ければいけないのですが。


ちなみに転送会社で「食品衛生法」に引っかかった商品が家に届きました。


この商品は二つ買って二つとも利益が出たと思ったのですが

転送料金が4000円もしてトントンになってしまいました。


やはり少量での転送会社利用は高いですね。


でもやってみてわかったことなのでよかったです。


最近は毎日何かしらの商品が落札されるようになってました。


うれしい!とか思っていたら商品が在庫切れしてました!


在庫を持つのはリスクですがリスクを持たないと気合も理解もできません。


適当に仕入てると売れて喜んでいるだけでいつの間にか資金は減っていきます。


だからまとめて仕入れるのがポイントだと思いました。


あと今回初めて米国のAMAZONから商品を仕入れました。


転送会社経由なので手元にはまだ届いていませんがebayよりも楽でした!


みなさんも色々経験して成功してみせましょうね!


ではでは☆

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-戦略, 米国仕入れ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.