戦略

目標を達成できない時の対処法〜身近な目標を立てて行動する癖を付ける〜

投稿日:

Pexels photo 42504

どんなに頑張って仕事の目標を立てても、どこかプライベートとかけ離れていたりして結果、目標を達成できない人は多いのではないでしょうか?
特に一人で仕事をしている人は「自分」が仕事もプライベートも責任をとる立場にいますので「普段」の生活から次のステップにいくことが中々難しかったりしますよね。

よく自己啓発書やビジネス書で短期目標、中期目標、長期目標などの言葉を見かけます。
僕も以前は「目標」や「計画」を立てることに熱心になっていました。
ですが「達成率」はどうだったかと言えば、決してよくはありませんでした。

少し考えてみると理解できますが一昔前の働き方と今の僕の働き方は明らかに違います。
まず時間で仕事をしているわけではありません。
ですので全てを自分の「ルール」に基いて行動していく必要があります。
こんな時に何が「効果的」な「目標」になるでしょうか?

僕なりのとても明確で分かりやすい目標、つまり「ゴール」になると思ったのは「自分のしたいこと」を達成することです。

例えば僕だったら「3ヶ月後に台湾に旅行にいく」とか「半年後に車を買う」などですね。
これは仕事には直接的に関係がありません。ですが「自分」がやりたいと思うことはとっても強い推進力になりますよね。
どうしても欲しいギターがあって、そのギターが80万円するとします。
そのギターを何ヶ月後かに購入できるようにする為には具体的にどんな行動が必要か考えます。
そうすると「一日に稼がなければいけない利益額」や「月に稼がなければいけない利益額」がでます。

自分の「やりたいこと」「ほしいもの」「なりたい自分」などをゴールに設定することで本来は「嫌」と思うような作業や行動も耐えられるようになります。

なので、この方法に基いて目標を設定する時には「本当に欲しいもの」や「本当にやりたいこと」などを設定しましょう。
何か自分の中にブレーキをかけて目標を設定するとよくありません。
はじめは「こんなことできるはずがない」などと思うこともあると思いますが続けることで無理なく達成できる期間などもつかめてくると思います。

心がワクワクするような目標を設定してみましょう。
ポイントは「長くても6ヶ月」くらいで設定することです。
そうしないと結局長期的な目標になってしまいます。
すると日々の中で状況が変わった時に目標を見失ってしまいがちになります。

最長でも6ヶ月で達成できるような具体的な「やりたいこと」「欲しいもの」をリストアップして優先順位を付けて行動を繰り返してみましょう。

僕も楽しい目標を1つか2つほど設定しています。
是非、お試しください!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.