マインド 売行き 戦略

輸入ビジネス〜どうせだったらネット以外でも営業しよう〜

投稿日:2016年2月6日 更新日:

21398

TAROです!

昨日のことですがとっても大好きな映画に出会いました。
ここ何年か面白い映画には出会っていなかったのですが今回見た映画はとても共感できる映画でした。

「わたしに会うまでの16000キロ」という映画でiTunesだとレンタルを開始しています。

ストーリーは母親の死が原因で酒やドラッグにおぼれて最愛の夫がいるにも関わらず他の男とドラッグをしながら寝てしまい夫にバレて離婚。そこから「本当の自分を取り戻す」為に16000キロの道のりを歩いて自分探しの旅に出るというストーリーです。

この物語は実話に基いています。僕も自転車で東京から地元、群馬まで帰ってきましたが、その道のりの中では自分自身と会話をしていたのをよく覚えています。

時として自分探しの旅に出るということは人生を有意義にすることができると思います。
それにしても16,000キロも歩くって本当にすごいことだし面白そうですよね!
地元の友達に話したら誰も「面白そうではない」と言っていましたが(笑)

輸入ビジネス〜どうせだったらネット以外でも営業しよう〜

22990506283 a908385c39photo credit: COP21_151208c-1410603 via photopin (license)

さて皆さん、輸入ビジネスをしていて、その全てをネットで完結させてはいないでしょうか?

例えばヤフオク、Amazonだけで商品を販売しているという状況ではないでしょうか?
それは実はとてももったいない事だと思います。
友人や知り合いが「こんな商品があったらなぁ」と話しをしていたら僕達にとっては、それはチャンスです。

特にその人が「楽天ではこれくらいの価格で販売されているんだけど、もう少し安ければなぁ」なんて言って購入を迷っているなら尚更です!

ほとんどの場合、ヤフオク、Amazonよりも楽天の方が価格が高いです。
そこに僕達が実践している中国輸入の真髄があると思います。

中国輸入をある程度していれば「実際はそんなに高くないよ」と思う商品は沢山あります。

例えば消耗品なんかは仕入れる量にもよりますが100円均一よりも安く仕入れることができる商品がほとんどです。
そこで安く販売することができる商品があれば大量注文してくれればロット数が増えて結果として仕入れ値は下げることが出来ます。

ここを意識してみると面白くなります。
というのも前金をもらって、そのお金で仕入れることもできたりと自由もききますし、やりがいも出てきますからね!

僕は知り合いの飲食店にカクテルのリキュールのポアラーを卸したりしています。
あとは灰皿も卸しました。

こういった商品は消耗品なので定期的に注文してくれる可能性も高いですよね。

あと中国商品でロングセラーのシークレットインソールも友達の為に仕入れたことがあります。

メイク用品関係もネットで売れない商品も飲み屋などで実店舗などでは考えられない破格で販売することでネットよりも売れたりします。

やり方は実に様々ですが、考え方の視野を広げれば現在、在庫になっている商品もネット以外の自分の身近なところでは利益をのせた価格でも喜んで購入してくれる商品があるということですね。

こういった行動をしていくと面白いことに「あいつはいろんな商品を仕入れることができる」という噂が広まっていって思いもよらない美味しい話しがきたりします。

ネットでは中々出会わない(自分からも探さない)ような繋がりができたりします。

僕は友達に自分の販売している商品リストを見せると「誰がこんな商品を買うの?」みたいなことをよく言われます(笑)

そこがポイントでネットだから売れる商品があるわけですよね。
特に僕が販売している商品はそういったものが多いです。
でも逆もしかりで現実だから売れる商品もあるわけです。

そこを意識するのも自分の視野も広がって結果として売上も上がると思います。
ネットでは月に10個程度しか売れない商品も自分の生活している身近なところでは一度に100個注文してくれる人がいるかもしれません。

これは夢の話しでもなんでもないので是非、自分のビジネスに自身を持って友人や知人に話してみてください。

「何か欲しいものがあったら教えてよ」くらいでもいいと思います。

少しでも利益を増やしていきましょう!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マインド, 売行き, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.