マインド

心身共に健康を保つ〜持続性を保つ為に〜

投稿日:

無題

TAROです!

今日の群馬はとってもいい天気です!

外に出て遊びたい位ですが、しっかりと働いていきたいと思います。

12月に入って友達と一緒に行っているビジネスが順調で何よりです。

輸入ビジネスをしてきてインターネットに関して知識を付けてきたことが今になって活かされてきた事に「やってきてよかった」と実感しております。

近々、この友達とやっているビジネスを読者の皆さんの中で興味のある方にシェアしていこうと考えておりますので、その際は是非実践してみてくださいね!

 

心身共に健康を保つ〜持続性を保つ為に〜

現代社会では働き方も多用になり健康を保つことが難しくなったと思います。

もちろん「根性」などで仕事をガンガンしてもいいのですが健康を害してしまっては全く意味がありません。

この「健康」には肉体の健康はもちろんですが精神的な健康も含まれます。

実は北海道では医療大麻を地域限定で実施していく可能性もあると言うほど精神的に病んでいる方も多いという現実があります。

インターネットで世界と個人が繋がることによって考え方も多用になり「何が正解」という概念自体が崩壊しました。

そんな様々な情報の波にどう対応していくのか。

そこに「健康」という1つのキーワードが浮かんでくると僕は思っています。

今日は健康について個人的な考え方を記事にしたいと思います。

 

1.肉体的健康〜身体を動かすことの重要性〜

10884225824 1e2040031aphoto credit: Crossfit_0318 via photopin (license)

誰しもが「健康」という言葉を考えた時に最初に浮かんでくるのが肉体的な健康だと思います。

身体とは表面的な部分以外の内蔵なども全て含まれます。

力仕事をしている人は普段から身体を動かしているので健康的だと思う方もいると思いますが実は違います。

僕は約10年ほど力仕事をしていましたが腰への負担や普段は使わない筋肉などがあり整体などにいくと「バランスの悪い身体」と言われることが多かったです。

デスクワークの方も座り方などが偏ってしまう傾向にあります。

では一体どうすれば肉体的な健康を保てるのでしょうか?

それは意識して適宜トレーニングをすることだと思います。

中学生の頃などは部活などで基礎トレーニングなどをした記憶のある方も多いのではないでしょうか?

トレーニングの最大のポイントは「鍛えたい場所を鍛えることができる」ことです。

身体の基礎をしっかりと維持することで集中力や自信が継続できます。

何よりも「脂肪=ノイズ」を削除することによって無駄な動きや思考がなくなってきます。

身体を意識して動かすことで精神的にすっきりとすることもできます。

現在、特に何もしていない人はまずはゆっくりとストレッチをしてみるところから始めてみてください。

継続することで今までにない身体を作ることができますよ!

ちなみに僕は1日30分程度で1日に鍛える部位を2種類に絞ってトレーニングしています。

こうすることで継続しやすくなるのと1つの部位に対しての集中的なトレーニングができるからです。

どんなに時間のない方でも30分程度なら空けることができると思います。

僕は起床後ストレッチをして筋トレをすることで朝からアドレナリンを出しています。

トレーニングをする時間帯については様々な意見がありますが常に同じ時間帯でトレーニングをしている人の方が良い結果が出ているようです。

是非トレーニングの時間を決めて実践してみてください!

 

2.精神的健康〜病は気から〜

15098452632 d6f5d87346photo credit: August 31, 2014 via photopin (license)

皆さん「病は気から」という言葉は聞いたことがあると思います。

これは「自分は病気なんじゃないか?」と思うようになると実際に病気になる確率が上がるように精神的に不健康になると人間の身体も不健康になるということです。

気持ちは目に見えないので常に元気にしているように見える人ほど鬱病になりやすいのも納得できると思います。

隠し事が多い人や常にネガティブに考えてしまって被害妄想に陥りやすい人は精神的に不健康と言えます。

一見、難しそうな精神的な健康法ですが簡単にできることは「瞑想」や「深呼吸」などです。

特にネットやSNSなどで様々な情報を受動的に受け取ってしまう人は意識的に情報と距離を取らないと知らないうちに情報の波にのまれて洗脳されてしまいます。

情報とは友人の言葉なども入ります。

この時「一人で考える」「自分と向き合って可能性を探る」というような事をしている人はとても少ないように思います。

いつしか自分で考える力が弱くなってしまって常に何かに流されてしまい、一体どこに進んでいいのか分からなくなってしまい不安が増えていきます。

そうなると「病は気から」で身体を動かすことも忘れてしまい、心身共に不健康になってしまいます。

この現状を打破するには1日に10分でもいいので「何も考えない時間」を作って深呼吸をしたり「日記」などを書いて自分がどんなことを考えているのかを視覚化することが大切なように思います。

精神=頭とは身体を動かす際にまず指示をするところでもありますので精神的に不安定になってしまうと上手く身体が動かせなくなり、統合失調症などになる可能性も上がってしまいます。

「根性」などで全てを乗り越えようとすると無理が生じてしまうのも精神と身体のバランスが崩れることから始まります。

仕事中などで意識して精神的な健康を保つ秘訣は「今していることに集中する」ことです。

何か余計なことが頭に浮かんできたら頭の中の想像の世界でその雑念を燃やしてみたりゴミ箱に捨てるイメージを浮かべて消してしまいましょう。

これが習慣化してくると寝る前に余計なことを考えてしまって眠れなくなるというこもなくなります。

目には見えないことこそ大切にする必要があると思いますので是非、精神的な健康を意識して行動してみてください!

 

3.社会的健康〜誰も皆一人では生きていけない〜

2529443716 5910a0d2e2photo credit: Children in India via photopin (license)

最後は社会的健康です。

これは社会との繋がりがあるかどうかですね。

仕事は一番分かりやすい社会との繋がりだと思います。

肉体も精神も健康でも社会との繋がりがなければすぐに不健康になってしまうでしょう。

「個人」の上に「家族」があり「家族」の上に「地域」があり「地域」の上に「国」などがあり最後は宇宙に繋がっているとよく言われます。

つまり人間は誰しも一人ではないし一人では生きていけないということです。

個人で仕事をしていても実際は様々な人と関わっていますよね。

購入者、代行業者、配送業者など上げだしたらキリがありません。

そんな社会を自ら否定して孤立しようというのはとても不健康です。

思春期の頃は尾崎豊に憧れて「社会は悪」と思っていました(笑)

ですが実際には尾崎豊が伝えたいことも「社会をよくしたい」などポジティブに社会と関わって行く為のメッセージだったように思います。

ただ社会に頼りすぎてしまうのも情報やお金と同じでとても危険です。

たとえば自分の現状を社会のせいにしたりしていないでしょうか?

社会に依存してしまうと自分のクリエイティブな思考はどんどんなくなってしまうので注意してください。

社会的健康を保つのは本当に難しいテーマだと思いますがポイントは冷静な判断ができるように常に一定の距離を保つことだと思います。

基本的に社会を自分の思い通りに変えられる力を持っている人は少ないと思いますので、どんなふうに変わっても柔軟に対応できるように準備をしておくことが重要に感じます。

繋がりを意識して新しいものを生み出していきましょう!

 

まとめ

友人とお酒を飲むことも楽しいですが同じような毎日を過ごしていると精神的に不健康になりやすいですね。

自分の中で何か「変わりたい」という気持ちが芽生えたのなら素直に表現してみてください。

ほとんどの場合は悪い方向にいくことはないと思います。

そして心身共に健康でいる為には「やりすぎない」ことも重要なポイントかと思います。

食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、情報を収集しすぎたりは不健康の元になります。

常に冷静に判断していきたいものですね。

そうすることによって仕事も上手くいくと思います。

「今、本当にやるべきこと」は何かを常に探していきましょう。

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マインド

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.