マインド 戦略

「持続性」を意識して仕事をしよう!

投稿日:

無題

TAROです!

本日は晴天!

とってもいい天気で仕事も捗りますね!

最近はヤフオクでもメルカリでも売行きが伸びてきて「何で今までやらなかったのか」と後悔しています(笑)

利益に繋がる行動はした方がいいですね。

そんな本日は「持続性」について、お話ししたいと思います。

 

「持続性」を意識して仕事をしよう!

仕事というものは「お金」を稼いでいく上で必須の作業になります。

特に自分で起業をしている方にとっては自分が怠けていると間違いなく社会に置いていかれます。

というのも社会とはとっても残酷なものだからです。

人は人を殺してはいけないという法律は存在しますが企業が企業を殺してはいけないという法律は存在しません。

怠けているような企業や個人は社会や他の企業のエサになってしまいます。

ということは仕事は常に前のめりで進めていきたいくらいですよね。

そんな時に「一時的」に瞬発力を発揮して結果を出すのと「持続性」を意識して常に力を維持するのとでは大きく違ってくると思います。

本日は個人的に持続性を維持する為に大事と思っていることを紹介します。

 

1.タスクは割り込んでくるものと捉える〜自分の中に基準を作って予定を選別する〜

6232611587 1a7548e05bphoto credit: Always Will Be via photopin (license)

がんばって仕事の計画を立てたとしても仕事をがんばっていけばいくほど新しいタスクは生まれます。

例えば様々なサイトで商品を販売しようと行動をすれば「出品ページの作成」「写真の撮影」というタスクが必然的についてきて商品が売れれば「商品の発送作業」「在庫の管理」などのタスクが出てきます。

その他にも面白いもので何かに集中していると新しいアイデア(今していること以外でも)は湧いてきてしまうもので、この時にいちいち新しいアイデアに気をとられてしまうと今している仕事がおろそかになってしまいますね。

そこで僕が実行しているのは新しいタスクについて、やるかやらないかを判断する基準を予め作っておくということです。

この基準をしっかりと持っておくことで何か仕事が割り込んでこようとしても「その仕事は後回しにしよう」とか「そもそもこれはやる必要がないな」と判断できます。

判断基準になる基本的な考え方は「その仕事は目標達成にとって本当に重要なことだろうか?」というものになると思います。

仕事に集中している時というのはモチベーションがかなり上がっていますから「あれもこれもやってやろう!」という気持ちになりがちなんですよね。

でも実際に目標達成に関して大事なことは元々多くありません。

尚且つ、ここで全てを「やる」と判断して行動を始めてしまうことこそが「持続性」を維持することを妨害します。

「良い時」は良いに決まっていますがポイントは「悪い時」もレベルを落とさない仕組みを作っておくことです。

日頃の仕事の仕方をシンプルにする為には自分的な習慣やルールをもつことが大切に思います。

「持続性」を意識して割り込みタスクの判断基準を設けておきましょう!

 

2.やることを減らしてみよう!〜大切なことは多くない〜

5974961530 e98a2b7d77photo credit: School Supplies via photopin (license)

僕は一日に沢山の仕事をすることは「持続性」を意識する場合は不利になると思います。

モチベーションが上がっている時は「寝ないで仕事しよう!」みたいに思う時が多々ありますが、明日は必ずきてしまいます。

ということは明日に響いてしまうということですね。

沢山の仕事をしようとすることは結果として自分の力を発揮しにくい状態になりやすいと思うんです。

特に日本の会社では下の者が沢山の仕事を抱えたり本来そもそもやる必要のない仕事を考えもせずに増やしている人が沢山いるように思います。

目標を達成する為にExcelの表をとても綺麗に作成する必要はあるでしょうか?

目標を達成するために一日に何度もメールのチェックをする必要が本当にあるでしょうか?

本当にやるべき事は少ないはずなんです。

むしろ時間が沢山あるとその分仕事を増やそうとしてしまいがちですね。

やることを増やすのはとっても簡単ですが、やることを減らして成果を上げるのは冷静な判断が必要です。

「本当に重要なことは何だろう?」と自分に問うことでやることを絞ってみてください。

僕は一日に多くても3つの仕事までと決めています。

それでも多いと感じることもあるくらいです(笑)

冷静に仕事を厳選してその仕事のみに没頭することが良いと思います。

まずは週に何度かでもいいので試してみてください!

 

3.ON-OFFを明確に切り替える〜朝と夜の習慣で自分にスイッチを作る〜

7953895216 d2235b8547photo credit: The Switch via photopin (license)

個人的に最も大切にしているのはここ!

僕はモチベーションが上がっている時によく不眠になります(笑)

というのも、その日の仕事をやめて眠ろうとした時に頭の中がグルグルとアイデアの洪水のようになってしまって興奮が収まらずに眠れないんです。

こういった状態が多くて今まではお酒に頼って酔って眠ることが多かったのですが、お酒を飲むと次の日に何かしら響いてしまうのも事実です。

「持続性」を意識して仕事をしていく時にON-OFFの切り替えはとても重要なことだと思いました。

僕は朝起きた後の1時間と夜寝る前の1時間は決めたことをするようにしています。

具体的にいうと朝は起きた後まずストレッチをします。
この時、頭で考えていることはストレッチの際に10まで数えることのみです。

「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10」と頭で数えることに集中します。

そしてストレッチが終わったら瞑想を10分します。

瞑想中は「何も考えない」ことに集中します。
なんというか頭の中でもしゃべらないと言った感じですかね。

それが終わったらシャワーを浴びて服を着替えます。

この作業が終わった時には自然に仕事モードに入っています。

ちなみに週に4日はシャワーの前に筋トレをします。

朝に筋トレをすることでアドレナリンが出て一気に集中力が上がります。

もちろん筋トレメニューも決めています。
大体30分で筋トレが終わるようにしています。
週4日にしたのは一日に鍛える部位を2つに絞る為でして一日に2つと決めておけば「持続性」がアップするのと集中できると思ったからです。

そして夜、寝る前の1時間はまず日記を書いてストレッチをして瞑想をします。

ストレッチと瞑想は朝と同じ要領で行います。

全て完了したら最後に読書をします。

ここで読む本は仕事とは関係ないものに絞っています。

僕は「海辺のカフカ」が大好きなのでよく読んでいます。

読書は自然と眠気を誘ってくれますので30分から40分程度、本を読んでから目をつぶります。

こうすることで仕事を一気に忘れてオフの状態に入れます。

そして朝も朝一から仕事のことを考えるというよりは日々、同じ行動をすることによって自然と身体と頭を仕事モードに切り替えられるようにしています。

生活習慣というものは、僕はとても大事なものだと考えています。

無意識に行うくらい身体に染みこんでいるものをよりよいものにできれば人生も大きく変わってくると思うんです。

そして誰にでも自分のベストな生活習慣があると思います。

まずはそれに向けて1つでも改善するようにしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

本日は「持続性」について記事にしてみました。

仕事は長く続いてほしいですよね?

安易に考えた行動よりもしっかりとした行動の方が結果は良いに決まっています。

自分の行動を考えたり思考を考えてみるのは本当に面白いことです。

そして目標を達成する上で効果的な行動を厳選することで物事はよりシンプルになり結果も良いものになると思います。

焦らずに冷静に行動を厳選して「持続性」を維持していきましょう!

そして何よりも大事なのは「持続性」を意識して行動をするなら「今の自分」と具体的に何が変わっていくのかを日々、計測することです。

「こうしよう」と計画を立てるのは誰にでも出来ますが、その行動を実際に自分にとっていいものになったのかどうかを計測することが大事と感じます。

目的を持って始めたらゴールに近づいているのかどうかをレビューしてみてくださいね。

きっと良い事があると思います!

がんばりましょう!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マインド, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.