戦略

輸入ビジネスで大事な事を復習してみよう!

投稿日:

無題

TAROです!

本日も群馬県は晴天です!
今日は自分が気が済むまで寝てみました。
なのでとても身体の調子がいいです(笑)

本日は「輸入ビジネス」をやっていく上での基礎中の基礎をシンプルに考えて紹介したいと思います。
難しく考えても初めのうちは何もわかりませんのでシンプルに考えて行動量を増やしてみましょう。

輸入ビジネスで大事な業務を再確認してみよう!

輸入ビジネスとは本当に単純なビジネスだと思います。

「安く仕入れて高く売る」

この単純な業務。実に奥が深いのも事実です。
というのも基本的にはビジネスというのは「安く仕入れて高く売る」ということだからです。

そんなビジネスの基本を輸入ビジネスで学べるのはとても良い事だと思います。

本日は輸入ビジネスの基礎となる3つの仕事を再確認がてら紹介します。

1.商品リサーチ〜誰もがつまずく最初の壁〜

4874971393 0c2667e5cfphoto credit: GI Joe 25th via photopin (license)

商品リサーチは輸入ビジネスでもっとも大事な仕事の1つです。

リサーチをすることによって「どんな商品に価格差があるのか。」ということが分かってきます。
Amazonやヤフオク、BUYMAなど様々な販売サイトがありますがサイトごとに売れる商品は変わってきます。

Amazonでの商品リサーチはノウハウも沢山出ていますので現在では一番簡単だと思います。

はじめの内は「本当に価格差のある商品なんてあるの?」と疑問に思ってしまうこともあると思いますが実際には沢山の商品があるので根気よくリサーチをすることが第一歩だと思います。

もしも儲かる商品が見つからずに不安に思うことがあったら、まず他の出品者を見てみてください!

というのも基本的に他の出品者が販売している商品は「その出品者にとって価格差が出せるから販売している」と考えていいからです。

これは一概には言えませんが儲からない商品ばかり販売している出品者もいないと思います。

ですので、他の出品者の商品をヒントに新しい商品を探してみてください。

そして個人的な思い込みで「こんな商品は売れないだろう」という意識は捨ててください。
実に様々なものが売れていますので先入観を持たずにデータを見て分析していきましょう。

リサーチで行き詰った時には是非、このブログのリサーチアイデアを参考にしてみてください!

そして様々なリサーチの方法を自分なりに確立していきましょう。

2.仕入れ〜どこから安く仕入れるのか〜

4335353206 90008e32c4photo credit: OnInnovation Interview: Pierre Omidyar via photopin (license)

儲かりそうな商品を見つけられたら次に仕入先を見つけなければいけません。

中国ならばタオバオ、アリババが基本的な仕入先。
米国輸入でしたらeBayや米国Amazonなどが基本的な仕入先になると思います。

ここでポイントなのは「どこから仕入れたら最安値で仕入れができるのか」を追求することです。

eBayで個人の出品者に対して「複数、買うから安くして」と交渉してみたり、そもそもその商品が米国ではなくて中国のアリババの方が安く販売している可能性を探ってみたり。。。

「安く仕入れて高く売る」の安くを追求することで輸入をする際の経費をなるべくすくなくできます。

はじめは「ここが最安だろう」と思っても実際はもっともっと安く仕入れている人が沢山います。

現地に行ってというのもいいですが、最初から現地に行って仕入れ交渉をする人も少ないでしょうから、今あるものを駆使して、その時最高の仕入れができるように考えてみてください!

商品リサーチの段階で価格差が大きい商品を見つけることができれば仕入れも本当に楽ですし楽しいと思いますので頭を柔らかくして実践してみてくださいね。

そして仕入先や代行業者と仲良くなれるようにしてみてください。

何事も積み重ねが大事なんです。

3.販売〜どこで高く売れるのか〜

2145282565 dce02d4547photo credit: A.J. via photopin (license)

最後は販売です。

販売と一言で言っても現在では様々な販売方法があります。

自分の仕入れた商品がどこで一番高く売れるのかを徹底的に調べている人も少ないように思います。

Amazon、ヤフオク、BUYMA、ヤフーショッピング、メルカリ、独自ショップなど、販売サイトを上げただけでも沢山ありますし僕の友達はFacebookで告知をして売上を上げている人もいます。

電話での注文もOKということにしておけば非効率ですが年配の購入者にとっては便利だと思います。

例えばAmazonでリサーチをした際に見つけた儲かる商品も他の販売サイトの方が沢山、売れる可能性もありますよね?

なので販売をする際は面倒ですが様々な販売サイトで出品をしてみて売行きをチェックすることも大事な仕事のように思います。

安く仕入れることに重きを置く人は沢山いますが高く売るということに注力している人は意外にも少ないものです。

安く仕入れることばかりに注力していると価格競争になる商品ばかり仕入れた際に苦労します。

ですが高く売る技術を身につけていれば長い商売ができると言えます。

是非、自分の道を見つけてみてください!

まとめ

商品リサーチ、仕入れ、販売と基礎となる仕事を3つ紹介しました。

ここで詳しいノウハウを提示することは簡単ですが、そんなことよりも自分なりのやり方を模索した方が絶対に良いです。

「みんなと同じこと」をするのは誰にでもできます。

そして、そういったことをする人は本当に沢山いますので、そこに的を絞って中身の無い情報商材を販売しようと洗脳している人も沢山います。

簡単に誰でも稼げるようなことは基本的にありません。

誰でも一定の努力と時間が必要になると経験上思います。
自分なりの方法を見つけていきましょう。

僕が大事にしていることは「人と違うことをする」ということ。

例えば誰しもが面倒に思うことを率先してやってみるのも「人と違うこと」ですよね。

自分独自の視点を持って仕事をしてみてください。

時に他と違う道を選択することで不安や迷いが生じる時もあるでしょう。
でも大事なのは皆と同じことをすることではありません。

人に笑われても、その先には光があるはずです。

是非、自分を信じて行動を積み重ねてみてくださいね!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。
ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.