リサーチ 戦略

商品リサーチ 「転送時の梱包具合をイメージしよう!」

投稿日:

無題1

 

TAROです!

日付も変わり5月の最終日になりました。

皆様、調子はいかがでしょうか!?

僕はと言えば5月初めに発注した商品が輸入の通関時に税関で止まってしまって何だかんだで昨日やっと税関から通知書が届いた次第であります(笑)

お陰様で5月に売上は本当に悲惨でした!

 

ということで、ただいま6月分の仕入れ商品リストを作成していますが今月は趣向を変えて仕入れていきたいと思います。

 

さてリサーチをしている際にふと思い出したことがあったので記事にしておきたいと思います。

 

皆様は商品リサーチをしている時に「その商品がどんな状態で手元に届くのか」を想像していますでしょうか?

一見、小さな商品でもがっしりとした外箱に梱包されている場合は輸送時のコストは上がってしまいますよね。

これは中国商品の場合は仕入れ先の商品ページに記載があります。(もちろん中国語です)

記載がない場合は代行業者を使って質問してもらうか、タオバオ、アリババなどではチャットを使って直接業者に問い合わせることで問題が解決します。

 

僕も今までに商品自体はとても小さいのにも関わらず頑丈で分厚いダンボールに梱包されてきたお陰で転送時のコストが跳ね上がってしまった経験があります。

そんな経験から僕は商品自体ではなく「どんな状態で届くのか」を想像して注文するようにしています。

 

特に資金の少ない頃だと転送時のコストは馬鹿になりませんからね。

 

僕は普段、商品リサーチの際にFBA料金シミュレータで商品サイズの3辺の合計をExcelに入力しています。

僕の仕入れ基準として「小さい、軽い、壊れない」というモットーがあるためです。

 

ここで1つポイントなのが、例えば3辺の合計が70cmの商品が2つあるとします。

一見、同じサイズなのだから転送する際に複数の商品と同梱した場合、スペース的には変わりないように思いますよね?

 

ですが平べったい商品と四角い商品では転送時のダンボールへの入れ方も全く変わってきますよね?

 

平べったい商品で尚且つ柔らかい商品でしたら変幻自在にダンボールに詰められますが四角い商品の場合は他の商品と確実に干渉します。

同じようで違うということですね!

 

なので「この商品は転送時、どのようにダンボールに詰められるのだろうか?」ということを想像するとコストを削減できる場合があるんです。

 

これはあくまで予想の範囲内ではありますが、このような事を想像することは大事な気がします。

何でも構わず仕入れをするよりも少しでもコストを削減しようと考えることで新たな発見があるのではないでしょうか?

 

初めの内は難しいかもしれませんがリピートで仕入れる商品が増えれば増えるほどきっと約にたってくると思いますので、是非、想像してみてください!

 

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リサーチ, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.