リサーチ 中国輸入

中国転売 取り扱い商品のクオリティを上げる!

投稿日:

無題

 

TAROです!

今月は自分の中で決めていた目標もしっかりと達成することが出来ました。

これで次のステージに行けます。

僕は行動がとても遅くてビビり症なので成果が中々でません(笑)

なので来年から、というかこの半年くらいで大きく羽ばたきたいと思います!

 

さて中国転売をされている方で自信をもって「僕の取り扱い商品はいい商品です!」と言える人はどのくらいいるでしょうか?

僕は正直に言って自信を持って紹介できる商品とそうでない商品があります。

それは商品クオリティの問題がほとんどです。

中国商品には素晴らしいクオリティの商品と全く商品として見れないものまであります。これは日本の商品でも同じことが言えるのですが世間一般的なイメージでは「中国=粗悪」というイメージが強いので「Made in China」と書いてある商品で品質が悪いと一気に嫌なイメージを持ちます。

 

何か対策を考えないと定期的に低評価をもらって評価が下がります。

そして自分自信も強気で販売できずに不安を抱えて仕事をすることになります。

売れる商品だからと言って、そんなことを続けていてはいけませんね!

僕は商品自体に問題がなければ販売してみます。

そして購入者の方の商品レビューを見たりします。

そこに低評価が書いてあったら確実に購入者の期待には答えられていないということなので販売を停止することもよくあります。

特によく売れてしまう商品は早めに出品を停止した方が気持ち的にも楽です。

 

中国商品は単価が安いですね。なのでリサーチの際に「安かろう、悪かろう」な商品を探すのはとても簡単です。

安くて品質の悪い商品は沢山ありますから誰でも簡単に見つけられるということです。

 

購入者が「この値段でこの品質なら満足」と言ってくれるレベルの商品を扱いたいところですね。

 

これはテスト仕入れして実際に商品を見てみないと何とも言えません。

 

そして知らないうちに偽物を販売していることもあります。

これも注意が必要ですね。特に最近、よく見るのは「マルチツール」です。

マルチツールとは万能ナイフみたいなもので1つの本体に何種類ものツールと使い方があるものを言います。形はキーホルダー型や単体など様々です。

スイステック、ハイマウントといったブランドで確実に偽物が販売されていました。

 

偽物と気がつかないで販売しているのが一番切ないので出品ページにブランド名が入っている商品は、そのブランドがどこの国のブランドなのか気をつけて見てみましょう。

あとは商品レビューを見てみて偽物というレビューがあったら注意するべきです。

中国発のブランドならば全く問題ないですね。

むしろ中国ブランドの商品には一定のマニアもいますので。

 

自分の取り扱い商品はなるべく自信を持って勧められる商品にしていきましょう!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました!

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リサーチ, 中国輸入

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.