リサーチ 戦略

リサーチの時間を短縮!情報に流されずに自分と向きあおう!

投稿日:

無題2

 

TAROです!

今日は個人的に大事だと思ったことを話します。

 

僕は輸入ビジネスで独立してから早いもので半年がたちました。

その中で「リサーチは毎日やるもの」と言い続けてきました。

なので毎日7〜8時間くらいはやっていたように思います。

 

でも心の中の僕は「つまんねぇな」と叫んでいました(笑)

そりゃそうです。毎日そんなにやったらつまんないですよね?しかも日課としてやっていますからね。

ただ「独立」したんだから当たり前だ!と自分に言い聞かせてきました。

 

今までの自分の考えを根底から覆す本との出会い

 

そんな中、僕は最近、こんな本に出会いました。  

「週4時間」だけ働く。

結構、古い本ですが時間を有効に使うための実践的な情報が沢山詰まっています。

自分で仕事をしている人のみならず、会社勤めの方も絶対に読んだほうがいいと思います。

この本では「本当に重要なことに集中しよう」ということが強くテーマとしてあります。

そして仕事は最短で終わらせるべきと。いや本当に読んだほうがいいですね(笑)絶対に!

 

僕はこの本を読みながら自分の行動を見なおしていました。

毎日リサーチに時間を割いている自分の行動は果たして正しいのだろうか?

こういったことは人が判断することではなくて、自分が作った目標を達成できているかどうかで判断した方がいいと思います。

僕の場合は目標は達成できていますが効率は決してよくありませんでしたね。

でも「それが当たり前だ。苦労しなければダメ!」という考えに洗脳されていました。

朝から晩まで働くのが当たり前と。

ほとんどの人が働いているふりをしている

 

例えばリサーチという作業で「重要」なことはなんでしょうか?

それは「儲かる商品を見つけること」ですね。これは誰しも共通だと思います。

僕は本を読んで「何が無駄な行動なのか?」と自問してみました。

特にリサーチに関しては毎日やっていて、心の中では「つまんない」と思っている、ということは思考も停止している状態ということですね(笑)これは改善するべきです。

朝から晩までリサーチとは一見すると、ものすごく真面目で働き者と思いますが、それは「働いているふり」であって効果的なものではなかったんです。

自分の時間をお金に変える「9時〜5時」精神が体に染みこんでいた僕は非効率なことを進んでやる人になっていました。これは多くの方がそうなんではないでしょうか?

 

本当に重要なことに目を向ける

 

そこで僕は今までストックしてきたExcelの儲かる商品リストを見なおしてみることにしました。

Excel上に残っているのは、紛れも無い僕のリサーチの「成果」だからです。

すると僕は平均して1ヶ月に70品くらいの儲かる商品を見つけていました。

以外に少ないです。だって毎日8時間もリサーチしているんですよ?実際はこんなもんなんです。

 

次に僕は「そのリストの中から実際に新たに仕入れた儲かる商品の数」を調べました。これも仕入れ記録を見ればわかりますね。

すると1ヶ月で最大でも25品くらいでした。これはリピート商品も仕入れる必要があるので、資金的に儲かる商品を全て仕入れられるわけではないからですね。

これが「事実」でした。つまり僕は月25品仕入れるために毎日8時間もリサーチに費やしていたのです!もう完全にバカ。

 

重要なことこそ短いスパンで終わらせるべき

 

僕はこの事実を元に冷静に考えました。「何故、今まで毎日リサーチしていたのか?」

この問には、一つの回答がありました。それは「常に新しく出品された商品をいち早くチェックするため」ということ。

ごもっともですね。

では「事実」を見てみようと思いExcelから調べたところ、僕はそんな商品を一度も仕入れていませんでした(笑)

リサーチの際に「誰かが最近、出品したばかりで、まだ誰も気がついていない商品はないか?」と目を光らせる人は多いと思います。

僕もその考え方が多いにありました!

でも実際は違うんです。データの少ない商品は危険です。しかもライバルも同じことを考えています。

しっかりとデータや市場価格を理解せずに「価格差が大きいからイケる」と仕入れても、すぐに価格競争になるでしょう。

なので仕入れる商品は確かなものがいいと思います。特に初心者は。

 

ということで、この考え方も事実に基いて却下しました。そして1ヶ月に70品も見つける必要もないことが分かったので今後の資金の増え方と、その中でリピート商品も必然的に増えることを考えて1ヶ月にリサーチするノルマを50品としました。

本当は50品でも多いくらいですが今回はこれでやってみようとなりました。

期限は3日としました。この期間内はリサーチ以外のことは何も考えず何もしないでいいと自分で決めました。

「週4時間」を読んで一番、印象的なことは「重要なことは一日2つまで」にするのがいいということ。何でもかんでも予定を詰め込んでしまうのは結果として「働いた気分」になっていただけ。

 

できちゃった!で、、、今までの自分は何だった?

 

そして、できちゃったんです(笑)3日で50品を見つける。

ここには大事な原則も入れました。

1.適当な商品ではなく、仕入れたいと思う商品にする

2.自分の仕入れ基準「小さい、軽い、壊れない」商品であること

3.儲かりそうだが15分探しても見つからない商品はパスすること

こんな感じで原則を作りました。

特に3番目の原則は個人的に大事で「ライバルも見つけられていないはずだから」と見つけにくい商品を長い時間さがしていると気持ちも落ちてきます。時には眠くなってしまいます(笑)

 

今までは「毎日やること」だったので、かなりテキトーな商品もリストに入っていました。

それを数を減らして集中してリサーチに取り組むことで解決しました。

 

毎日やっていた作業を3日に短縮して商品リストの精度は高くなったんです(笑)

 

如何に自分が無駄な作業をしていたかがわかりました。これはきっとまだまだ短縮できるはずです!

 

まとめ

 

はい!何にもまとまってませんが、僕はこれで相当な時間を確保できました。

この時間で新しいことをやっていこうと思います。

ありえないと思うような期限を仕事につけることで集中力が増すのかもしれないですね。

ポイントは「重要なことをしている時は邪魔が入らないような環境を作る」ことですね。

ヘッドホンで周りの音を遮断してもいいですし。僕は「いい天気だなぁ〜」とか思うのも邪魔だと判断して遮光カーテンを閉めきって作業しました。

リサーチに関して言えばもっともっと短縮していけると思います。

世間一般で言われていることはアテになりません。これは輸入ビジネスの中でも同じです。

 

是非、この本を読んで参考にしてみてください!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました!

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リサーチ, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.