Amazon 中国輸入 戦略

輸入ビジネス 「日本語説明書」の簡単な作り方!

投稿日:

無題

TAROです。

輸入ビジネスを始めたばかりの頃、Amazonでリサーチをしていて
仕入先も見つけて価格差もばっちりなのに「日本語説明書」と
書いてあって諦めてしまった経験はありませんか?

 

その商品の使い方を日本語で解説することなんて自分には出来ない。。。

 

そんな考えでせっかくの儲かる商品を販売する機会を逃すのは
非常にもったいないですね!

 

僕も初めはそうでした。

 

自分に自身がないというよりも「面倒」だと思ったからです。

 

特にFBA納品代行業者を使っていた時は説明書を同梱してもらうことが
できなかったので諦めたりしていました。

 

でもそんなことでは転売で稼いではいけないでしょう!ということで
ある時を境に自分で説明書を作るようになりました。

 

初心者のみなさんは面倒だったり難しそうに感じることでしょう。

 

でもそこを乗り越えれば「初心者」から一歩成長できます!

 

そして説明書を作るのはそんなに難しくありません(笑)

 

日本語説明書を作る一番簡単な方法

 

それはズバリ「他の出品者が出品している商品を買っちゃう」です(笑)

 

これしかないでしょ!

 

一番簡単です。

 

Amazonで実際に販売されている日本語説明書付きの商品を一度買って
その中に入っている説明書をコピーするだけです!

 

注意点としては当たり前ですが販売者の名前などは隠すか消してしまう。

 

あとはAmazonの商品ページのブランド名の欄が特定の出品者名に
なっている場合はその出品者から仕入れるのがベストだと思います。

 

これでコピーした説明書を同梱してFBAを納品するだけでいいんです(笑)

 

簡単でしょ!?

 

ライバルに利益があがってしまいますが、それは「説明書代」です(笑)

 

この方法の他にも例えばネット上で画像などを参考にして自分で
同じように撮影して説明文もネット上のものを繋ぎ合わせるでも
いいですね。

 

僕はネットで拾うことが多いです。

 

でもAmazonでもライバルから結構買っていますね。

 

今日も1つライバルから買った商品が届きました。

 

今回買った理由は説明書と「本当にこの商品でいいのか」を確かめたかったから。

 

セット内容に不安があったので、この商品の商品ページを作ったライバルから
商品を仕入れました。

 

セット内容はバッチリでしたので安心しましたが、このライバルの商品の
品質に唖然としました。

 

商品パッケージが破れていてベタベタのセロテープで補修してある。。。

 

FBAラベルもペラペラの紙がベタベタのセロハンテープで。。。

 

思わず「評価1」を付けたくなりました(笑)

 

Amazonで商品を買う側の気持ちって本当によく分かります。

 

同じ商品を同じ商品ページで買ったのに1回目と2回目では品質が
全く違うってことが頻繁にあると思います。

 

今回、買った商品はFBA商品納品しないで友達にあげることにしました。

 

商品を販売する側として当たり前のことは絶対にするべきですね。

 

自分がされたら嫌なことを「仕事」を通して人にしてしまうのは
本当に最低なことだと思います。

 

輸入転売でも同じことのはずです!

 

検品くらいしっかりしましょう!

 

今日の商品の出品者に届け!!!

本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon, 中国輸入, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.