Amazon

輸入ビジネス Amazonあるある!

投稿日:

無題TAROです。

日々、Amazonで商品を販売していると様々なトラブルが起きます。

 

今日はその中から皆さんも共感できるような「あるある」を書いておきます!

 

この記事に特に意味はありませんので、ご了承くださいませ(笑)

 

今日はリサーチをしたり中国商品の受取りをしたりしていました。

 

夕方くらいに「よし今日はこんなもんで終わろう」と思って一息付いていると
Amazonからメールが来ました。

 

内容を確認すると購入者からの問い合わせでした。

 

購入者からは「全く違う商品が届いたので交換してください。」とのこと。

 

「俺、またやっちゃった!?」と思い、早速、購入者のメールアドレスを
コピーしてセラーセントラルの注文履歴にペーストして確認すると
購入履歴がない!

 

何度、確認しても見つかりません!

 

ちなみにAmazonでは自分から購入してくれた人の場合は氏名をクリック
すると購入者の住所などが表示されますが今回はこちらも表示されません!

 

つまり「自分から買っていない」ということです(笑)

 

ただ毎日、評価リクエストを送信しているとメジャーな苗字をよく
見るので、つい自分から買ったように思ってしまいます。

 

今回の人も結構メジャーな苗字だったので「あっ!見たことある!」
と思ってしまいました。

 

一応、この人には「当店からの購入履歴はございません」と返答して
おきました。

 

みなさんは自分から商品を購入したわけでもないのにクレームの
問い合わせきたことありませんか!?

 

僕は結構あります(笑)

 

最初にこのクレームが来た時は自分の注文履歴に何も表示されないので
もっとテンパッてしまってAmazonに電話して問い合わせました!

「購入者の住所が分からないから早く教えて!」

 

僕は早く対応したいと思い、購入者に新しい商品を発送しようと
急いでいました(笑)

 

するとAmazonのサポートの方が「注文履歴にない商品ですよ?」

 

そう言ってきて始めて「あれ!?」ってなりました。

 

そしてAmazonの方があとの対応をしてくれました。

 

僕はとにかく焦っていたので危うく、この人に住所を聞いて商品を
発送しそうになっていました(笑)

 

はじめて、こいういったクレームがくると焦ってしまいますがAmazonには
しっかりとした注文履歴がありまあすので、まずは確認しましょう!

 

わけが分からなくなったらサポートに電話して気を沈めてもらうと
いいと思います。

 

沢山の商品を販売すればするだけこのような事は起きてきますので
冷静に対応する心を身につけるといいですね。

 

はい!ということでAmazonあるあるでした〜。

本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.