リサーチ

カテゴリー検索の難しさ

投稿日:2012年11月21日 更新日:

 

検索TAROです。


今日はカテゴリー検索でリサーチしてるんですが、このリサーチ方法のメリット・デメリットはこんな感じです。

まずメリットは一度見つけることができれば息の長い商品を見つけることができるところみたいです。

これは同じく輸入ビジネスをしている人からも見つけずらいからでしょう。

デメリットはリサーチの際にキーワード検索と違って輸入品以外の出品物もたくさん出てくるので単純に時間がかかるところ

しかもやっと輸入品にめぐり合えても利益が出る商品かは別問題ですから時間は掛かりますね。

慣れてくると画像の感じやタイトルの感じで輸入品かどうかを判断できるようになるみたいですが、それまでは大変ですね。

でも利益の出る商品を見つけられた時の達成感も格別なんでしょうね。

あと今日は仕入れた商品の出品方法を即決で出すか1円出品にするかの判断基準を学んでいたのですが、個人的に納得できた文章を載せておきます。

「入札者が3人以上いる場合は1円出品。」

「入札者が3人以下の場合は即決出品。」

ちなみにこの方法はオークファンというオークション分析のツールを使っての話なんで見たことのない人は見てみてください。

僕は即決とオークション形式を感覚で決めて出品していたのですが、やはりこのようなデータに基づいた手法があるものですね。

実際、自分も3人以上の入札者がいたときは1円出品でも高額になっていました。

なのでこの情報は嘘ではないと思います。


ただ注意しなければいけないなと思ったのは即決の場合、商品が売れるまでの期間が読めないことですね。

即決で出すことによって商品が売れれば確実に利益が出るのでしょうけど商品が売れるまでの日数は図れません。

対してオークション形式、特に1円出品にするとヤフオクのオークション期間の上限で7日以内で必ず落札されます。

お金でお金が増えるということならば、お金を絶えず循環させる必要があります。

初心者の自分がまず目をつけるべき商品は1円出品しても大丈夫なくらいの人気がある商品をなるべく早く出品することかも知れないなと思いました。

今日はebayで買ったけど、未だに届いていない商品のセラーに連絡してみたので返信が楽しみです。

ちゃんと返事が来ればですがね。。。


じゃ!リサーチに戻ります!

ではでは。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リサーチ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.