Amazon 戦略

Amazon転売「セール価格」を使ってカートの獲得率を上げよう!

投稿日:

無題1

TAROです。

 

今日は朝からスランプ(なんとなく)にハマって未だに頑張ってリサーチ
している感じです。

 

先日届いた中国商品のFBA納品も済み順調に売上げを伸ばしています。

僕が現在、意識していることは「なるべく売り切る」ということなので
納品してから1ヶ月以内で売れる量を意識しています。

 

それでも中には売れない商品も出てきます。

僕の場合は先月までかなり売上げに貢献してくれた商品がありました。

この商品は4000円で仕入れて9800円ほどで販売していました。

Amazonの手数料を抜いても4000円ほどの利益がありました。

ですが今月に入ってから全くと言っていいほど売れなくなってしまいました。

ライバルもジワジワと価格を下げていましたが、価格を下げても
売れる様子はありませんでした。

その時の僕の在庫数は10個だったので、どうしても売りきりたかったんです。

そこで考えて試してみて大成功だったので今回の記事のタイトルになっている
「セール価格」の活用です!

 

それでは行ってみましょう。

 

Amazonの「セール価格」でカート獲得率アップ!

 

みなさんAmazonに商品登録する際に販売価格などを入力するところに
「セール価格」と書いてあるのを見たことがあると思います。

「セール価格」とは期日を決めて、その期間中はセール価格にて販売しますよ
という表示が出来る機能です。

今回の僕の場合は「損切り」がテーマでしたので価格はガクッと下げる
つもりでいました。

ですが普通に下げるよりも「セール中」と商品ページに表示された方が
購入者の購買欲を誘うに決まっています。

ということで設定方法を簡単に説明しますね!

まずはセラーセントラルトップページから在庫管理をクリックします。

2014 10 03 18

そして価格を変更したい商品の左側にある「編集」をクリックして
その中にある「詳細の編集」をクリックします。

スクリーンショット 2014 10 03 18

すると商品情報の編集画面が表示されますので下にスクロールしていけば
下画像の青枠にある「セール価格」入力欄がありますので、ここに
セール価格とセールを実施する期間を入力します。

価格と期間を入力したら下の「保存して終了」をクリックで完了です!

2014 10 03 1837

何とも簡単ですね!

今回、僕がセール価格を利用して販売価格をガクッと下げたのですが、
その直後にライバル数名も価格を下げてきました。

ライバルは僕と同じ価格に設定していましたが「セール価格」を利用したのは
僕だけでした。

それから細かくAmazonの商品ページをチェックしていましたがライバルから
ではなく僕からどんどん商品が売れていきました。

2日で10個の在庫は完売しました。

商品ページでのカート獲得率も高かったですが、やはり「セール」
と書かれていることが大きかったと思います。

 

まとめ

 

自分の仕入れた商品が思っていたよりも売れない時は是非「セール価格」
を活用してみてください!

僕は今回の商品では元々の利益が4000円でしたので価格を下げても
2000円の利益はありました。

同じような状況の商品でAmazonのビジネスレポートを見てみて
アクセス数も多いようでしたら「セール価格」を使うことで
売上げを伸ばすことが出来ると思います。

ライバルとの価格競争でジワジワ価格を下げていくよりも
「当店ではただいまセール中です!」みたいな感じでアピールを
した方が購入者からしてみたらわかりやすいと思います!

ライバルの事を考えるよりも購入者目線に立って考えることが重要ですね!

同じような状況で「損切り」したいと思う方は是非、試してみてください!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.