リサーチ

商品リサーチ 視野の狭さに注意しよう!

投稿日:

無題

 

TAROです。

今日は偏頭痛に襲われていました(笑)

僕の一番嫌いなことは偏頭痛かもしれません!

だって何にもしたくないって気持ちになりませんか?

僕は偏頭痛持ちでもないので頭痛薬を飲むくらいですが、頑張って
いる時に限って襲ってくるので本当にむかつきます!

対処法を知っている方は是非、教えてください!

 

さて日々リサーチをしているとふと「今日は全然商品が見つからないなぁ」
って時があると思います。

特にリサーチに慣れていない時には頻繁にあることだと思います。

 

輸入ビジネスの教材で一番メジャーなリサーチ方法として紹介されている
出品者リサーチ(IDリサーチ)をしている方は多いと思います。

このIDリサーチというのは儲かる商品を見つけたら、その商品を販売している
出品者の他の出品商品をリサーチしていくというものですね。

 

そして他の出品商品の中から新たに儲かる商品が見つかったら、次は
その商品を販売している他の出品者の他の出品物をリサーチします。

 

これで儲かる商品を効率的に見つけていけるという感じです。

そして儲かる商品を販売しているIDをExcelなどで管理してストックしておく
ことで日々のリサーチが楽になるというものです。

 

ですが本当にそうでしょうか?

僕が思うに多くの人が同じような商品を扱っていて価格競争になっている
印象を持ちます。

 

一人一人の扱っている商品リストをみると商品ごとの関連性は
全くと言っていいほどありません。

 

これは何の戦略も練らずに「価格差のある商品」だけを単純に探した結果です。

そして、そんな人に多いのが結構ニッチな商品を扱っていること(笑)

知識とかないとキツイ商品でも価格差があると販売しています。

でもサポートなんてできないですし、購入者は安心できないでしょうね。

 

そしてニッチな商品のはずはのにIDリサーチをしている出品者達の中では
もはやメジャーになっている商品が沢山あります(笑)

 

これは面白いですよね!

 

需要がそこまである商品ではないのにIDリサーチをしている人が
どんどん、その商品に気付いて一気に出品者が増えて価格競争に
なっています。

 

僕が普段、仕事の話しをする友達は輸入ビジネスというものを
知らない人がほとんどです。

でも自分達の世界ではぐんぐん上に上り詰めている人が沢山います。

 

そんな人にこんな現状をいうとやはり笑います。

輸入ビジネスですから作戦がないよりあった方がいいに決まっていて
その方が楽しくてやりがいがあります。

 

ネットの情報ではなんだか面白いものに出会いません。

 

ただ情報を発信している側の気持ちになると、とても楽しそうですけど!

 

僕はIDリサーチだけやっている人で儲かる商品がないと思っている人には
いい機会だから他のリサーチの仕方も試したり、1つのジャンルに興味を
もったりしたほうがいいよって言っています。

 

例えば僕は音楽が大好きですが、音楽機材だけで見ても米国と中国を
合わせれば全然、儲かります。

 

だから変に辛いことばっかり選んでいないで好きなジャンルに特化
してみて、からの儲かる商品を見つける方法を編み出す時間を
作ってもいいのではと思います。

 

単に「今だけ儲かればいい」では行けないところがあると思うので!

 

そんなことを少しの時間でも考えると新しい視点を持てて楽しいと思います!

 

頑張りましょう!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リサーチ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.