ヤフオク 戦略

ヤフオク 動画を活用して売行きを伸ばそう!

投稿日:

無題1

TAROです。

本日はヤフオクでの販売に関して売行きを伸ばす1つの手法を
紹介したいと思います!

 

ヤフオクでは出品ページをカスタムできます。

ストア出品者として登録すれば出品ページを大きくカスタム
することができますね!

とここで皆さんに質問なのですが、皆さんはヤフオクで中国商品を
リサーチしている時にストア出品者の商品ページを見て、どう感じますか?

「かっこいい」とか「しっかりしてるなぁ」とか思いますか?

 

僕は全く違って「派手すぎて何がなんだかわからない」と思います。

 

はっきりいって商品以外の情報が多すぎて自分の見たい商品に集中
できません。

何故ストア出品者の多くがあのような出品ページを作っているのか
全く理解できませんが現在の中国商品のストアはほとんどが
そのような出品ページをつくっています。

僕はガチャガチャした商品ページよりもシンプルな方が商品の情報が
すぐにキャッチできていいと思います。

そして今回のブログのタイトルにもなっていますが動画を載せるのは
とても有効だと思います。

Amazonでも最近は商品ページに動画が付いていることが多くなってきました。

単純に画像よりも動いている商品や使っている動画があった方が
イメージしやすいと思います。

 

僕の場合は今回の仕入れ商品の中に動画の方が明らかに伝わりやすい
商品があったので動画をつくってヤフオクに載せました。

効果は当たり前ですがありますし、画像をシンプルにまとめられるので楽でした!

沢山の画像を撮影して載せるよりも1つの画像と1つの動画の方が
いいと思います。

シンプルな方が購入者もわかりやすいですからね。

では動画を作成する為に必要なものをリストアップしてみましょう!

 

商品動画作成に必要なもの その1:デジカメorスマートフォン

 

恐らくデジカメ、スマホは誰でも持っていると思います。

iPhoneは、あまりお勧めできませんが最近のアンドロイドならば
ほとんどの機種が高画質な撮影に対応していると思います。

僕が今回、撮影に使ったのはデジカメでオリンパスのXZ-2という機種です。

このカメラは22800円と値段は安い方だと思いますが商品の撮影や
フルHD動画の撮影に対応していたりと便利です。

僕はサイクリングが趣味で遠くにいくことがよくあるのですが、
そんな時に風景や花の写真などの撮影にもバッチリです!

P6140181

こんな感じでオートで撮影しても綺麗に撮影してくれます。

この機種のようにレンズの大きさがそこそこあるデジカメをもっていると
いろんなことに使えて便利です。

この機種はマクロにも強いので商品画像のアップを取る時に便利ですし
明るい写真が撮れるのでデジカメでありがちな室内での撮影が暗いことも
ありません。

 

商品動画作成に必要なもの その2:動画編集ソフト

 

動画編集ソフトは無料のもので構いませんので使いましょう。

動画を撮影して、そのままアップしても問題はありませんが、
せっかく動画を撮るという一手間を掛けるなら綺麗にしたいところです。

macを使っている方は「i Movie」で十分ですので使ってみてください。

Windowsの方も無料の動画編集ソフトがネット上に沢山でています。

どれを使っても構いません。

基本的に編集するのは動画の長さと明るさ位でいいと思います。

逆にそれくらいで作業を完了できるように撮影の時点で考えて
動画を撮ることが重要です。

Windowsの方はGoogleで「windows 動画編集ソフト フリー」と検索
してみてください!

沢山出てきますが、どれもやることは一緒なので好きなデザインの
ソフトを使ってください。

 

商品動画作成に必要なもの その3:動画アップロードサイト

 

誰でも簡単に動画をアップロード出来るサイトで一番有名なのは
もちろんYouTubeですね!

ポイントとしては「商品動画のみをアップロードする為のアカウント」を
新たに取得することです。

今現在、YouTubeのアカウントを取得していないで動画を見ていた方は
普通にアカウントを作成するだけで構いません。

アカウントを取得したらログインして青枠の「アップロード」をクリックして
指示に従って動画をアップロードしてください。2014 09 13 1231

YouTube以外にも「Vimeo」など無料で動画をアップロードできるサイトは
結構、沢山ありますがYouTubeがネット上に沢山情報もありますので
便利だと思います。

自分の仕入れた商品で既に同商品の動画が海外などである場合でも
自分で撮影してアップロードした方がいいと思います。

理由は海外の方が、その動画を削除してしまうと見れなくなってしまうからです。

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

以外に簡単ですよね?

いい写真を何枚もとったり、商品紹介の文を考えるよりも
実際の商品を動画で見せてしまった方が簡単に伝えることが出来ると
思いませんか?

撮影のポイントは「店で自分が触っている感覚」に近づけることですかね。

見ている人が自分でその商品を観察している感覚になれれば最高ですね。

デジカメ用の三脚などもあった方が便利ですが、なくても
ブレないように気をつければ問題ありません!

ド派手な商品ページを作るよりも商品の詳細が一発で分かるような
動画を撮影できるようになりましょう!

是非、チャレンジしてみてくださいね!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ヤフオク, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.