Amazon リサーチ 米国仕入れ

輸入ビジネス リサーチサイト 紹介!

投稿日:

無題

TAROです。

昨日の記事は複数のサイトを使いました。

米国輸入をされている方は誰でも知っているようなサイトばかり
使いましたが、中にはまだ知らなかった人もいると思います。

ということで本日は主に米国仕入れの際に使うサイトを紹介します!

はりきって行きましょう!

輸入ビジネス リサーチサイト 紹介!

 

ということで本日は輸入ビジネスで使うことの多いサイトなどを紹介します。

使い方は基本的に、どれも同じです。

まだ使ったことのないものがあったら是非使ってみてくださいね!

 

TAKEWARI

まずはAmazon転売で使えるTAKEWARIです!

TAKEWARI 

2014 09 04 1222

こちらは世界のAmazonの価格差を一覧できるので大変、便利です。

価格差を一覧できるサイトは他にも沢山あるのですが、僕が
TAKEWARIを使う理由は表示の早さですね。

他のサイトだと遅いところが多くいらない機能が沢山付いていたり
するのですがTAKEWARIはとてもシンプルです!

こちらでAmazon間での価格差を確認して価格差があった場合、
僕は他のサイトで詳しくリサーチするようにしています。

それはAmazonは手数料が高いので、Amazon間で価格差がある場合は
独自ショップなどを探せば、それ以下の価格で販売されていることが
多いんです。

ではAmazon以外で商品リサーチをする際に使用するサイトを
4つ紹介します!

 

Google Shopping

 

これは誰もが知ってるサイトですね!

Google Shopping

2014 09 04 1227

簡単にショップを見つけることが出来ます。

やはりGoogleは便利に使えるようになっています。

豊富なフィルター機能と表示方法なども切替できるので使いやすいですね。

何よりも日本語表示に対応しているのでショップに入るまでは
日本のサイトと変わらない感覚で使えます!

使い方は日本のGoogleショッピングと全く同じですから誰でも簡単に
使いはじめることができると思います。

 

Shop Wiki

 

このサイトも有名ですが今でも使っている人はいるのでしょうか?

Shop Wiki

2014 09 04 1235

このサイトは日本でいうところの「価格.COM」的な存在でしたが
いつの間にかオシャレになっていました(笑)

僕は最近は中国仕入れに力を入れているので利用頻度は少ないですが
このサイトでしか出ないショップなども沢山ありますし、このサイトで
最安のショップを見つけたこともあるので捨てがたいサイトと言えます!

それにしても、このオシャレ観は何かファッション系に強そうな気が
しませんか?

今度、じっくり使ってみよう!

 

YAHOO SHOPPING

 

こちらは日本でも、おなじみですね!

YAHOO SHOPPING

2014 09 04 1237

日本でも同じように、ヤフーショッピングでしか表示されない商品もあるんですね。

なので僕はリサーチの際は、こちらでも検索するようにしています。

というのも米国のGoogle Shoppingは仕入れ先を決めるにあたって
かなりの人が利用しているサイトだと思います。

なので人と違う仕入れ先を持とうと思ったら、こういうサイトでも検索するのも
方法の1つだと思うんです。

米国YAHOO SHOPPINGのいいところはトップ画面に様々な情報が表示されるので
逆にこのトップ画面に表示されている商品が日本でも売れていないかリサーチ
したりします。

この方法でも儲かる商品は見つかるんです!

是非やってみてください。

 

price grabber

 

はい!こちらで最後になります。

price grabber

2014 09 04 1232

このサイトもGoogleやYAHOOなどとは、また違った結果が得られます!

サイト自体が重いので表示速度が少し遅いのですが、このサイトでしかヒットしない
商品は沢山あります。

このサイトも絞込検索や表示方法などが細かく設定できます。

このサイトは関連する商品の表示が多いと思います。

そこから新たな商品のリサーチも出来ますね。

 

まとめ

 

以上になります。

使い方は分かりますよね?(笑)

単純に商品名を入力して検索するだけです!

日本にも価格.COMやGoogleショッピングなどがあるように米国にも
価格を比較できるサイトは無数にあります。

米国は広いので日本よりも数が多くて当たり前ですね。

なのでGoogleショッピングではヒットしないショップも沢山あるんです。

そんなショップに出会えれば面白いですよね。

リサーチの仕方にもよりますが米国の人気家電などを中心に仕入れて
転売するのなら今日のサイトは使えないかもしれません。

今日のサイトで使えるのは、もう少しニッチな商品になります。

なので「この商品売れてるんだけど仕入先がヒットしないなぁ」と
思った時などに使ってみると良い結果が得られるかもしれませんね!

全ては使い方です。

面白い使い方&リサーチ方法を編み出してください。

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon, リサーチ, 米国仕入れ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.