Amazon 戦略

Amazon JANコードで独占している商品ページへの出品について

投稿日:

無題

TAROです。

日々リサーチをしていて「おっ!この商品は売れているのに出品者が一人だぞ!」
と思って商品ページをよく見ると「JANコード取得済み」とか
「自社コード●●●●」「当店オリジナルパッケージにつき他者出品者の
出品はお控えください」みたいな記載に気付きます。

何も知らない人はここで出品するのはやめてしまうと思います。

「JANコード取得=自社商品」みたいに認識しているのでしょうね。

なのでAmazon上で同じ商品があれば、そちらに出品すると。

でもAmazonでは1商品につき商品ページは1つとしています。

本来ならば同じ商品ならば1つの商品ページで販売すると言うのが
Amazonの決まりです。

ならばAmazonに報告すればいいのでは?と思います。

ということで今日は、そんな適当なJANコードでの独占に対しての
対処方を紹介します。

 

JANコード記載の商品ページヘの対処方法 Amazonサポートへの報告方法

 

まず一番大事なことは「絶対にAmazonのテクニカルサポートに報告すること」です。

「JANコードで独占できないの知ってるから、勝手に出品しちゃおう!」
なんて思って出品するのは、よくありません。

そもそもAmazonの規約をしっかりと守って商品ページには何も記載せずに
商標登録をした商品を販売している出品者は沢山いるからです。

テキトーに出品しまくっているとAmazonから出品アカウントを
消されてしまいます。

ですので必ずテクニカルサポートに報告することです。

そうすればテクニカルサポートが出品ページを調べて出品者に直接
商標登録について問い合わせてくれます。

こちらがAmazonの規約の一部です。

ノーブランド商品について書いてあります。

2014 08 28 0834

それではまずAmazonのセラーセントラル トップページ最下部
「テクニカルサポートに問い合わせ」をクリックします。

事前に報告したい商品ページのASINコードとタオバオなどの仕入先の
商品ページを用意しておくとスムーズに進められます。

2014 08 28 0810

次に左のメニューから「在庫と商品情報」をクリックして表示される
カテゴリーから「商品詳細ページ情報の異なりについて」をクリックします。

2014 08 28 0812

すると下画像のような項目が表示されるので、必要事項を入力します。

例えば「私の方でも同商品を扱いたいと考えているのですが、商品ページに
JANコードの記載や独占的な記載がありました。この記載はAmazon規約に
違反していると思います。もし商標登録された商品でなければ記載を削除して
他の出品者にも販売できるようにしていただきたいと思います。」

みたいな感じで報告します。

2014 08 28 0813

必要事項を入力したら下にスクロールしていくと問い合わせ方法の選択画面が
ありますので「メール」にしておきます。

「至急対応願います」はチェックしないでおきましょう。

何故、メールで至急を選択しないかというとテクニカルサポートの人が
出品者に問い合わせたりタオバオなどの商品ページを確認したりなどで
時間がかかるからです。

急がせても返答には時間がかかります。

全ての入力が完了したら「メッセージを送信する」をクリックして完了です!

2014 08 28 0819

 

まとめ

 

Amazonではノーブランド品に対して規約があります。

その規約に反しているかは僕達出品者が決めることではありません。

Amazonが決めることなんですね。

なので疑問を持つような商品ページを見つけたら積極的にテクニカルサポートに
問い合わせてみる癖をつけましょう。

商標登録をしていない商品を小技で独占しようとする行為は規約違反ですし
労力をかけて商標をとった出品者にも迷惑ですよね。

だったら自分のリサーチ能力を信じて新しい商品をJANJAN仕入れて販売した
方がいいと思います(笑)

僕は先日、仕入れ単価900円で3000円の利益がでるの商品を見つけました!

出品者は一人だけで、結構売れていました。

商品ページを見てみると「JANコード取得済み」出ました〜!

ということでテクニカルサポートに報告して対応を待ちました。

大体3日位で返答があり、商品ページの記載を全て削除してくれたようです!

こんな感じでみんなで自分の出品したい商品が変な方法で独占されているなら
テクニカルサポートに報告するのが一番です。

この他にもノーブランド品を透明袋に入れて店名が入ったステッカーを
貼って「オリジナル商品につき他者出品者の出品はお控えください」
というのも無意味ですので、同じ商品ならば仕入れてしまいましょう!

変な小技に無意識の内に負けていないでテクニカルサポートに問い合わせ

どんどん進んでいきましょう!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました!

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.