Amazon ヤフオク 戦略

不幸中の幸い Amazonからヤフオクに転売!

投稿日:

無題2

TAROです。

今日は朝からヒヤッとする出来事が起きました!

それはヤフオクとAmazonで販売していた商品で昨日の夜にAmazonで
完売していたにも関わらず、今朝、ヤフオクで商品が売れてしまったのです。

これは素直に売り切れましたと謝ろうと思ったのですが、
一応Amazonで最安を調べてみると。。。

 

 

何と僕のヤフオクでの出品価格よりも320円も安く販売しているページがありました!

商品は全く同じものですので問題ありません。

でも納品書に価格が書いてあるしなぁと考えていると。。。

 

 

「あっ!Amazonにはギフト設定がある!」

 

ということでギフト設定で納品書から金額を抜く設定をして、
尚且つメッセージまで付けさせていただきました(笑)

ギフト設定はラッピングを選択しなければ無料なので助かりました。

 

ただ僕はヤフオクの方では「即日出荷」をアピールポイントにしているので
Amazonの「お急ぎ便」を選択しなければだなぁと思いました。

 

ところが!!!

 

朝、早かったこともあり、購入者の方の住所が静岡県だったこともあり、
「通常配送」で当日出荷の明日到着になりました。

 

本当に良かった(笑)

 

購入者の方にはAmazonの倉庫からの配送なのでと伝えて一件落着です!

 

国内転売ではヤフオクからAmazonに転売が主流ですが、
今回のようにAmazonからヤフオクに転売も可能なんですね!

 

ポイントは一度、自分の手元に届けてしまうと、そこからの
配送料が入ってしまうので今回の商品の場合は利益が出ないということ。

 

っていうか今回のパターンは緊急時だけ使うようなものでしたが、
考えてみると色々思いつきました。

 

普段、中国商品をリサーチしていてAmazonでは、ほとんど売れていないのに
ヤフオクでは結構、売れている商品があります。

 

特に注目なのは「即決」で沢山売れている商品ですね。

これはヤフオクでよくある「1円出品」で送料を高くとるようなものではなく
しっかりと在庫を持って普通に売っている商品です。

 

こんなにもヤフオクでは売れているのにAmazonでは売れていないんです。

 

ここでAmazonでしか販売していない人はAmazonでの販売価格を下げますね。

 

そうなれば転売可能だと思います!

 

今回は自分の商品なので画像は上げられないので申し訳ないのですが、
こういった例は、きっと沢山あると感じました。

 

例えばリサーチの際にヤフオクで売れていてAmazonでは売れていない商品を
Excelでリスト化しておいて、定期的に見てAmazonで価格が下がってきたら
仕入れて転売するとか。

 

個人的に注目したいのはAmazonで同じ商品なのに複数の出品ページのある
商品ですね。

 

これは参入者が沢山いるから新しいページで独占販売しようとか
軽率に考えて増えたページがほとんどです。

そしてAmazon上に同じ商品のページが溢れて、価格競争になるページが
出てきます。

これは販売者ならば誰でも経験があると思います。

 

そんな商品で事前にヤフオクで売れているとわかっていて尚且つ
リストにして定期的に見れていれば結構面白そうですよね?

 

これやってみましょう!

 

はい、今日は画像も何もない記事を書いてしまいましたが
このアイデアを皆さんも活用してみてください!

 

僕もやってみます!

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました!

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ブログランキングもクリックしていただけると本当に嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon, ヤフオク, 戦略

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.