Amazon ツール リサーチ

Amazonレポートを活用せよ! 出品推奨レポートでリサーチ力アップ!

投稿日:

無題TAROです。

はい!今日はAmazonの使えるツールである
「出品推奨レポート」
について紹介します。

Amazonではこういったレポートを定期的に
更新しているので、
「ライバルと同じ行動はしたくない!」
と言う方は参考にしてみてください。

使い方は人それぞれなので是非、あなたなりの使い方を見つけてみてくださいね!

 

Amazon出品推奨レポートでリサーチしてみよう!

 

まずはこちらからサイトにアクセスしてください。

次の画像の画面が表示されます。

2014 08 09 2033

今回はホーム・キッチンカテゴリーから見ていきます。

赤枠をクリックすると、すぐにExcel形式のファイルがダウンロードされます。

ダウンロードしたファイルを開いてください。

2014 08 09 2036

ファイルを開くと、こんな感じで商品一覧が表示されます!

上部の赤枠内のドロップダウンリストをクリックすれば名前順や出品者数順で、
並び替えることもできますので、工夫してみてください。

次に下の赤枠にも注目してみてください。

こちらは「売れ筋 先週」「売れ筋 過去30日間」「売れ筋 昨年7-8月」「売れ筋 昨年9-10月」
とあります。

これは非常に強力です。

昨年も売れていて今年も売れている商品を見つけてみたり、
その商品の中国製品を見つけてみたりとリサーチのヒントに
なるものが沢山見つけられると思います。

2014 08 09 2040

個人的に便利に使っているのが赤枠内の「急上昇」「直販出品」「品薄予想」です。

「急上昇」は最近の売行きが急激に伸びた商品をさします。

該当する商品には◯マークがつきます。

そして「直販出品」とはAmazon自体が販売しているかどうかがわかります。

こちらに「あり」と表示されている商品はAmazon自体が販売している為、
個人が出品してもカートを獲得することが難しいです。

これが予め分かるだけでもリサーチが効率化します。

次に「品薄予想」 ですが、これも文字通り品薄が予想される商品になります。

ここに◯マークが入っている商品で出品者数も少ない商品などはチャンスですね!

Amazonはこんなにも参考になる情報を無料で提供してくれています。

でも実際のところ、このデータを参考にしている人は少ないように思います。

よく言われることですが「実践する人は少ない」のです。

このデータの使い方に決まりはありません。

使い方は様々ですので自分でしっかりと考えて実行すれば、
いつもと違った結果が得られると思いますよ!

使い方のアイデアとして1つ例をあげてみましょう。

2014 08 09 2123

赤枠のブランド名のドロップダウンをクリックして検索欄に「Dyson」と
入力して絞りこみました。

輸入ビジネス実践者の方は「Dysonでは利益が出せない」と思っている人も
多いのではないでしょうか?

確かにDysonは個人が海外で仕入れようと思っても価格差がないので利益を
出すのは難しいですね。

ですが、例えばヤフオクでオークション出品されていたらどうでしょうか?

Dysonはヤフオクでは、よく1円出品されていますね。

ヤフオクでAmazonで転売して利益の出る価格で落札できれば
必ず儲かりますよね。

ヤフオクならば送料の計算も簡単ですし、最短で翌日には商品が
届きます。

Dysonなら超人気商品なので売れないことはありません。

なので今回はDysonで絞り込んでみました!

これで上から全てリサーチしていけば儲かる商品が見つかる可能性は高いですね。

注意点はヤフオクで入札する際に自分の中で事前に上限額を
決めておくことです。

Amazonで販売をしようとした時に価格競争が始まって、
せっかく落札出来たのに利益が出せないのはもったいないですからね。

なので無理のない価格で数をこなしてみましょう!

データの使い方は様々ですので是非、頭を柔らかくしてリサーチしてみてください♪

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました!

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon, ツール, リサーチ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.