Amazon リサーチ

米国Amazon 転売 TAKEWARI JANコードでリサーチ効率 アップ!

投稿日:

 

TAROです。

今日は久しぶりに激しい運動をして、今でも手の震えが止まりません(笑)

プルプルしながらブログを書いています。

さて、米国リサーチをする際に米国Amazonを活用する方は多いと思います。

そんな米国リサーチですが、僕が以前よくやってしまったミスの中で、
見た目は同じだけど違う商品を仕入れてしまうというものがありました。

そんなミスをなくして、尚且つリサーチの効率もアップする方法の
一例を紹介します!

 

TAKEWARIとJANコードでリサーチを効率化

 

TAKEWARIというサイトをご存知でしょうか?

このサイトは各国のAmazonの価格差を一覧でみることが出来る便利なサイトです。

まだ使ったことの無い方は無料で利用できるので是非、活用してくださいね!

それでは、まずTAKEWARIにアクセスしてください。

次にプライスチェックを開きます。

例えば、この商品の場合。

2014 08 08 2222

 

こちらMAG-LITE。

米国メーカーの売れ筋商品ですね。

この赤枠の「JANコード」をコピーします。

そしてTAKEWARIに貼り付けます。

2014 08 08 2224

 

検索ボタンを押すと次の画像のように各国の価格差がズラリと一覧できます!

2014 08 08 2225

 

あとは安い国から仕入れればOKです!

JANコードで検索する時の最大のメリットは「余計なものが表示されない」
ことに尽きます。

これは型番で検索するよりも正確です。

ただeBayなどではJANコードで表示される商品は少ないので、
あくまでAmazonリサーチの場合と考えてください。

僕は米国商品の場合は、まずJANコードがあればこの方法で検索します。

そして米国Amazonで価格差があればeBayなども見てみたりします。

あと日本のAmazonでは型番もなく商品名も日本語になっている商品も
JANコードが記載されていれば一発で表示されるので効率アップすることが
できます。

注意点としては中国商品には、この方法は使えないことです。

まず中国商品はAmazonで仕入れるよりもタオバオなんかの方が安いので
決してAmazonからは仕入れないようにしましょう。

有名メーカーの商品などは基本的にJANコードが記載されています。

それを利用してTAKEWARIで検索すれば各国のAmazonでの販売価格が
わかります。

今日の例で出したMAG-LITEの場合、最安はカナダになっていますが
カナダ以外の住所には発送しないなどの制限もあるので注意しましょう。

是非、活用してみてくださいね!

 

ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました!

「面白かった!」「参考になった!」と思ってくださった方は、
「いいね!」ボタンを押してくださると嬉しいです!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon, リサーチ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.