中国輸入

税関で足止め!

投稿日:2014年7月17日 更新日:

無題10

TAROです。


僕は先月から輸入ビジネスで独立して、東京から群馬の実家に帰ってきて

仕事をしていますが、1つ、どうしても嫌なことがありました。


それは「クーラーが無い!」ということ


特にここ最近は本当に暑くなってきていましたので、

日に日に仕事への集中力もなくなっていました(笑)


このままではダメ!ということでクーラーを購入しました!


僕の部屋はとても狭いのと、クーラーを付ける場所がないということで

今回は「窓用クーラー」を買いました!


価格は25800円です。


結構安くないですか?


取り付けは簡単で素人でも窓があれば出来てしまいます。


ということでガンガンに冷やして作業しています。


そんな中、中国から転送したはずの荷物がしばらく税関でストップしていたので

気になって日本郵便に電話したら、

「明日、税関から簡易書留が届くので、内容をご確認ください」

と言われました!


昨日、書留を受け取って、内容を見てみると

「インボイスが入っていなかったので提出してください」

とのことでした。


今まで僕は転送会社に任せっきりにしていたので、

全く理解できずに今日の朝、関税に電話してみると、

「インボイス(商品単価、材質、商品名、合計金額など)をファックスか郵送で送ってください。」

ということでした。


早速、商品の詳細が分かる画面をPDFに変換して、

セブン-イレブンのネットプリントで印刷しました。


そこに手書きで材質や合計金額などを記載してファックスしました。


「大丈夫かなぁ」「何かお金かかったらやだなぁ」

なんて全く素人な感情を抱いていると電話が、、、

「インボイス受取りましたので、荷物を発送しますね」

と何とも簡単な答えを頂きました!


ただ合計金額から税金を払わなければいけないみたいですが、

これは当然の話なので、特に追加料金もなく済みました。


何も知らないと、こういった時に急に不安になったりしますね!


そして、今回の1件では転送会社がインボイスを入れ忘れていると

いうことなので注意しておこうと思います。


インボイスとか僕は全く関心がありませんでしたが、

何とも重要なものだったようですね。


っさ!

仕事にもどるっぺ!


ということで本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。


ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-中国輸入

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.