日記

輸入ビジネス 転送料金 DHLのクレジット払い!

投稿日:2014年7月3日 更新日:

無題3

TAROです。


昨日は驚くほど商品が売れました。

面白いものです。僕の扱っている米国商品で1万円で仕入れて

2000円の利益が出る商品もあれば100円で仕入れて

500円の利益の出る中国商品もあります。


この500円はバカに出来ないんですよ!

昨日はトータルで500円の利益の出る商品が9個売れました。

これだけで4500円の利益になるんです。

しかも仕入れ原価は900円です。

利益率良すぎですよね!

この感じの商品を沢山増やしたいのが今の自分の目標になっています。

さて今日は米国仕入れの時の転送料金の話です。

僕はずっとMYUSというフロリダにある転送会社を使っています。

ここを使うことで得られるメリットは何と言っても早いこと!

梱包が雑とか良く言われますが僕は許容範囲だと思います。

そんなことよりもスピードを大事にしている感じが大好きです。

大体、平日中ならば発送以来した当日か翌日には発送してくれます。

あと各種クレジットカードでディスカウントキャンペーンをやっているので送料が割引になります!

これも結構でかくて通常価格10000円の送料の場合はだいたい2000円位の割引になります。

2000円浮いたら大きいですよね?

発送業者も選べるところも気に入っています。

僕は基本的にDHL一択にしています。

理由は届くのが早いのにFedExほど料金が高くないところですね。

そんなMYUSから商品を転送する際に面倒なことが1つありました。

それは関税です。

クレジットカードで転送料金を支払っても家に届いた時に関税を現金で払うのがとても面倒でした。

僕は普段は現金をもちません。

ですので関税で14000円ですとか言われても今持ってないよーってなっちゃいます。

恐らく同じように思っていた方は多いはず。

こんな問題を解決する方法がDHLにはありました。

多分、どの業者にもあるとは思いますが関税のクレジット決済をしてくれるんです。

これはDHLに直接、電話して「今度の荷物からクレジット決済にしてほしい」と言うだけです。

そしてクレジット番号など必要な情報を口頭で説明して完了です。

これで関税を払うがために現金を引落しに行っていた手間が省けます。

まだ設定していない方は事前に設定しておくと便利ですよ!

ということで今日もやってやりましょう!!

本日も最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました!

ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-日記

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.