リサーチ

人気商品だけじゃない!

投稿日:2014年3月23日 更新日:

無題2

TAROです。


よく分からないタイトルですね(笑)


今日は早起きして一日をゆっくり過ごすことができました。
 

最近は少しダレてしまっていたので、また気合いを入れて頑張っていこうと思います。


Amazonやヤフオクなど人気のショッピングサイトには沢山の出品者がいます。


だからこそ沢山の商品が販売されて購入者も沢山いるということだと思います。


ですが最近、見てて思うのは「人気商品に群がっている人が多すぎる」ということ。


家電商品では特にその傾向が見られます。


それは参入者の多さとでもいいましょうか。


刻一刻と変わっていく感じがしますね。


ですが何でこんなにも同じ商品に群がるのでしょうか?


この出品者の中には自分自身で予想していた期間内に全く売れない商品で

溢れている方も少なくないと思います。


そこで価格を下げてしまう。


でもライバルも同じ不安を抱えている方が多いので

全員で価格競争に落ちてしまうというところでしょうか。


これって出品者はまだ自分達の責任でやっていることなので構いませんが、

購入者の立場になって考えると「自分が買った時よりも今の方が4000円も安いじゃん」

とか見てしまったら、どんな気分になるでしょうかね?


出品者と購入者が相互に喜べるのが通常だと思いますが、

現状は出品者の勝手がすぎる感じがしますね。


そんなことを続けていても人に感謝される仕事はできないと思います。


そんな中でも普通に利益をコンスタントにあげている人は沢山いるはずです。


でも、どうやって?


そこを考えるから面白いんだと思います!


人気商品しか売れないのでしょうか?


例えば人気商品で月に100個売れている商品があるとします。
 

ですが出品者が30人いたら一人頭、月3個から4個位しか売れませんね。


自分の出品分から3個しか売れない商品は人気商品だろうが特筆するものはありませんね。


これを人気商品だからと沢山仕入れてしまうから

不安になって価格を下げることにつながるのでしょう。


でも人気商品ではないが出品者が自分を含めて2人で

月に20個売れている商品ならば一人頭、月10個は売れる計算になりますね。


この商品を扱った場合、人気商品ではありませんが

結果的に自身の売れ行きとしては人気商品よりも戦力になるということですね。


こういった商品がリサーチで見つけられれば最高ですね。


そういう商品はどうやったら見つかるのか?


もし今現在、人気商品ばかり扱っているが売れ行きが良くないと思っている方は

「今現在のリサーチ手順を使わない」で週に一度位はいつもと違うリサーチ方法で

リサーチしてみるところから始めるといいと思います。


同じような事をしている人が沢山いるから価格競争になっているだけですからね。


でも注意が1つあります。


それはせっかく見つけた良い商品を出品する場合、

あなたのIDをライバルが確実にリサーチしているとこです。


もし現在、人気商品ばかり扱っているならライバルは

あなたの新たな商品をすぐに見つけるでしょう。


中国商品ならば見つけること自体が困難な商品もあるので

大丈夫な場合もありますが米国商品がすぐに見つかるでしょう。


なので如何にライバルにばれないようにするかを考える必要があります。


ここは人それぞれ対策があるのでしょうね。


正解はないと思うので自分が考えた事をどんどん実行していくことだと思います。


僕も最近、また良い商品に出会いました。
 

この商品は同じ商品を探すのが困難なのと仕入先に在庫が少ないので

沢山の参入者で価格が下がる事はありません。


こういった商品は毎日リサーチしていても見つかるものではないと思います。


どれだけ自分の頭で派生させてリサーチできたかにかかっていると思います。


少しでも参考になれば嬉しいです。


ということで本日も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。


ではでは!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リサーチ

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.