ツール

ラベルの貼り方!

投稿日:2014年1月8日 更新日:

無題13

TAROです。


今日の東京は小雨ですが、最近の中ではとても暖かい一日でした。


やはり暖かい方が体の動きは良くなるようで

一日を通して快適な気がしました。


さて先日Amazonから連絡が来ました。


内容は「納品出来なかった商品がある」とのこと。


もう自分でも原因は分かっていたので返送処理をして届くのを待っていました。


今回の原因はFBAラベルを貼った商品の上からダンボールに梱包したことです。


これではラベルが見えないのでスキャン出来ないじゃんって感じなんでしょうね。


しかも、このダンボールには一つだけバーコードが印字されていました!


完全にアウトでした(笑)


「このような事が今後も続くようならFBA契約を解消します」みたいな文章も送られました。


今後は注意していきたいです!


ということで今日はラベル貼りのリベンジをしました。


僕はFBAのスキャン納品というのを活用しています。


これはスキャナーを使ってバーコードをスキャンして

商品を検索してくれるというものでミスが少なくなるというメリットがあります。


でも僕はスキャナーなんて持ってません!


っていうか欲しくもありません。


では、どのようにスキャン納品を利用しているのかというと

ASINコードやSKUなどをスキャン納品の検索枠に貼付けて

検索してラベルの印刷枚数を入力して印刷って感じでやっています。


これでラベルプリンターからラベルが出てくるって感じです。


ラベルプリンターの良い所は一枚一枚切れて印刷されることですね。


あとはどんどん貼っていくだけです。


必要な枚数のみ印刷されるのも経済的ですね。


そして配送ラベルを印刷します。


これもラベルプリンターで印刷します。


ラベルプリンターは印刷できる幅が最大でも

62mmしかないので2枚に分けて配送ラベルを印刷します。


これでスキャンできる大きさで印刷されます。


配送ラベルもシールで印刷されるので、すぐに貼れて便利です。


これで準備完了です。


以前は納品書も印刷しなければいけなかったようですが

最近は納品書が不要になったのでラベルプリンターで

全て完了できるようになりました!


はっきり言って全く時間かかりません(笑)


なんで代行業者なんて使っていたのかと思いますね。


200点位なら30分あれば終わりますから。


これは僕が早いのかもしれませんが(こういう作業が昔から得意です

自分でやれば商品の状態も確認出来ますので一石二鳥です。


僕は近くのサークルKから発送していますが、ここからでしたら

夜の8時以降に発送しても次の日の12時には倉庫に到着します。


代行業者を使っていた時は代行業者の倉庫に商品が到着してから

2日は待たされてFBAの倉庫に到着するまでに4日はかかりました。


これで手数料として1000円位取られるなら自分でやった方がよっぽど良かったですね。


そのうち作業をかわりにやってくれる方を探すと思いますが

当分は自分でやろうと思いました!


さて今日は仕入れ商品の選定をしていきます。


頑張って行きましょう!


ではでは

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ツール

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.