中国輸入

中国商品の嫌なとこ

投稿日:2013年11月5日 更新日:

無題5

TAROです。


つい先ほど中国の商品が家に届きましたので検品していました。

今日のタイトルにもあるように中国商品の嫌なところは

「違う商品が届く」「壊れている」「パッケージが破れている」

などの単純なミスが多い事ですね。


今回の商品も一番の目玉にしていた商品が

型番違いで欲しくもない商品が届きました。


この商品の単価は安いので中国に返品して正しい商品を送ってもらうと

送料でマイナスになってしまいます。


複数仕入れていたのでショックですが、

これも中国輸入のあるあるということでスルーしました。


後の商品は思いの他、良かったので安心しました。


自分は中国商品を仕入れる際に「粗悪な商品は利益がいくら出ても仕入れない」

という決まりを守っています。


というのも利益率も高くて販売すれば儲かるとわかっている商品でも

購入する立場に立って考えてみれば、どんなに安くても商品としての品質の限度はあるはずです。


日本の100円均一で販売されている商品がAmazonだと2000円とかで販売されていたりします。


恐らく全く同じ商品でしょう。


具体例でいうとヘアーバンドです。


これは中国では破格です。


というか日本でも100円で買えます。


そんな商品を2000円で販売したら購入者は

「このヘアーバンドはきっと良い商品なんだ」と思うはずですね。


大体、ブランド物でもないヘアーバンドが2000円の時点でおかしいですからね。


でもAmazonで販売されている商品ということで購入者は信頼して購入するわけです。


そして実際の商品に触れてみて落ち込むのでしょう。


もしくは何日か後に破れたりなどの商品トラブルなどにつながったり。


中国の商品はひどい商品は本当にひどいですから注意が必要ですね。


最初は利益が薄くなってもテスト仕入れをするべきと再認識しました。


それでも良い商品はとても良い品質なので中国の商品は見逃せませんね!

それにしても自分のリサーチの視点がAmazonに向いているのか

分かりませんが本当に良く売れています。


そしてFBAは本当に楽ですね。


でも在庫が少ない商品は同時にヤフオクでも販売しているので、

たまたまAmazonのカートを取ってしまうと5分で3個とか売れてしまって

商品が完売してしまうなど不安要素もありました。


在庫を切らさないように仕入れを繰り返せるようになりたいと思います。


あとは送料や手数料の詳細を把握して利益計算の質を上げていかないとダメですね。


僕の一番の不得意なポイントです。


以前はヤフオクのみでしたのでエクセルで商品の特定の番号を入力すれば

全ての計算が済むようになっていましたが今はAmazonもありますし

FBA代行の手数料などありますので正確に計算する必要があります。


なので自動入力はやめました。


ネットで計算表をいくつも見ましたが今の自分の用途にぴったりなシートは

見つからなかったので自分で単純なシートを作りました。


輸入の際にネックなのは転送料金の相場の判断があいまいになる事。


なので今日からはリサーチして儲かる商品が見つかったら

重量と3辺の長さの合計を記録しておく事にしました。


これで以前よりは精度が上がるはずなので。


できる事をコツコツとですね。


今日は小資金ですが仕入れをしてしまおうと思います。


毎日テーマをもって!


ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-中国輸入

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.