Amazon

まさか!えぇ!?

投稿日:2013年10月14日 更新日:

無題20

TAROです。

 

昨日から今日にかけての話です。


昨日ブログに書いたお客様の話です。


Amazonのマルチチャンネルを通して送った商品なんですが、、、


めちゃくちゃ傷付いてました!という連絡が来ました!


写真も一緒に添付していてくれたので確認できましたが、

本当に沢山の傷がついていました。


残りの在庫は1個です。


もちろん残りの1個をお客様に送って不良品を自分宛てに送っていただきました。


でも正直、次の商品は大丈夫っていう保証はありませんよね。


いや多分ダメだろうなってお客様と二人で相談していました。


お客様から一言

「あんた今回仕入れた商品が全部こんなに傷ついてたら大赤字ちゃうん!?」

「うちは返金で十分やけど自分は返金してもらえんの?」


確かに!!


この商品はAmazonで仕入れた商品でしたので、

バイトから帰って速攻でAmazonのサポートに翻訳した文章を送りました。


内容はこんな感じ


「新品を買いましたが傷だらけでした。

この商品は海外発送できない商品だったので転送会社を使って転送しました。

もうこの商品は信頼できないので返金してほしい。

でも送料は戻らないですか?」


このような文章を送ったところ


「大変ご迷惑おかけいたしました。

ただいま返金処理をVISAに申請しました。

商品をAmazonに送ってください。

送料はしたの画面から領収書と一緒に送っていただければ返金します。」

と帰ってきました。


っていうかAmazonってすごくないですか!?


なんて安心なんでしょうね(笑)


でもまだ返金しなくていいのに。


明日、全ての商品を自分の目で確かめて返品するか決めようと思います。


これがebayとか他の海外ネットショップだったら商品代金のみ返金だったと思います。


今回この商品を4つ輸入して転送料金は25000円だったので、

返金出来ないって言われると今までで一番の赤字になってしまうところでした。


いやぁAmazonはすごいです。


でも出品者の立場からしたら最悪ですね!


ただ不良品は売ってはいけませんからね。


もうこの商品を仕入れる事はないでしょう!


さぁ気を取り直して次に進みます。


ではでは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Amazon

Copyright© TARO-IMPORT.COM , 2016 AllRights Reserved.